日本ではバイナリーオプションだけでは難しくなった

近年、外国為替相場を用いたFXが人気となっていて、一攫千金を求めてFXを始めようという人も増えています。FXによって大金を得る人もいますが、それと同じくらいかそれ以上大金を失う人もいて、ちょっとした興味で始めるには恐ろしいものと言えるでしょう。しかし、FX業者などが取り扱う金融商品の中には、リスクが少ないモノもあり、初心者向けの商品として知られるのがバイナリーオプションです。

バイナリーオプションというのは、FXと同じく外国為替相場を用いた取引なのですが、その性質は大きく違います。まず、バイナリーオプションでは、事前に利益額・損失額がわかるという特徴があります。購入した時点で、提示された以上の利益や損失が無いということですから、投資計画が練りやすいのです。FXよりもルールが簡単で、一般的に行われているのは「指定された時間に、特定の条件を満たしているかどうか」という2択方式のもので、他にも投資の方法はありますがどれも簡単にルールが理解出来る程度のものです。

こういった理由から初心者向けの投資として広く利用されてきたシステムなのですが、日本では規制によって一日の取引回数が激減したため、現状このバイナリーオプションだけで真っ当な利益を出すことは難しくなっています。かつては10分程度の間隔で次々と取引が行われ、一日で100回以上も取引が行われていたのですが、現在では一桁台まで落ち込んでしまったため、あまり人気のある手法とは言えなくなりました。

しかし、海外の業者の場合ですと日本での規制は関係無いので、以前の日本のように短時間での決済が行われていますから、この手法だけで稼ぎたいという人は海外の業者を使う他ありません。バイナリーオプションはその手法の手軽さから勝ちやすい投資と言われていて、先述したいわゆる2択のものであれば何も考えずとも5割は勝てる計算です。利益を出すには当然さらに高い勝率が求められますが、FXよりも格段に投資者に優しい手法なのです。

SNSでもご購読できます。