バイナリーオプションは投資というよりもギャンブル

バイナリーオプションとは少額で始められる投資で、リスクはかなり大きく投資と言うよりもギャンブルともいえる性質のものです。ものすごく簡単に言うと、当たれば1が2に、はずれれば1が0になるというような、いちかばちかというところがギャンブル性の高さを表しています。そのためこの投資自体を詐欺だと呼ぶ声もありますが、れっきとした投資の一つなのです。

2年前に全体のルールが変わってしまったため、最短5分といったようなものは消えてしまい、2時間や1日といったものが今では主流となっています。ルールが変わってしまったのはギャンブル性があまりにも高すぎたためで、頻繁に取引しづらくなってしまいました。しかしそれ以外は元々あったままで、判定時のレートが、基準となるレートよりも「HIGH」か「LOW」かを当てるだけで勝ち負けが決まるものとなっていて、規制をしていてもギャンブル性が高く、単純なルールなので人気の高い商品になっています。また、確率的には50%は勝てるようになっていますので、ものすごく面白いものに映るかもしれません。実際面白いものなのですけど、もちろん50%勝っても儲かるようにできていないので、ここから先は投資を勉強するほかありません。

そのためバイナリーオプション業者も数多くありますが、そのうち大半が詐欺に値するものとなっています。これには引っかからないようにやるほかありませんが、これといった対策があるわけではありません。有名な会社がやっているところを選ぶのが、一番確実な方法だと言えます。利益率が変に高いところには、それなりの理由というものがありますから気をつけて会社は選ぶ必要があります。

バイナリーオプションは業者の選定が一番難しいところなのかもしれません。しかし始めてしまえば「HIGH」か「LOW」を選ぶだけの単純なものであるので、難しいどころか簡単なものになっています。あまったお金で楽しむ投資としては面白いものとなっていると思いますので、確率的に50%は勝てるバイナリーオプションをお勧めします

SNSでもご購読できます。