バイナリーオプションは賭け事なのかそれとも

賭け事なのか、それとも投資なのかはバイナリーオプションではよく言われている事柄ですけど、仮に賭け事だと考えると、他のものと比べて儲かりやすいというのは言えると思います。例えば競馬では多くの人達が勝馬投票券を購入するのと引き換えに現金を手放します。そして、まずその内の25パーセントがJRA側の物になり、残された75パーセントを投票券を購入した人達で再分配するのです。つまり一旦100円分購入したとすれば、その時点ですでに75円になっていると言えなくもありません。もちろん的中すればその何倍ものお金が直ぐに手元に転がり込んでくるというのも事実なのですけど。

しかし、バイナリーオプションではこれがもっと少なくて済みます。スプレッドをご存じの方はそう多くは無いと思うのですが、これが実質的な手数料みたいな物なのです。ちなみに昔は手数料という名目で別途お金を支払う必要があったらしいのですが、現在はスプレッドのみが残されていて、これが業者側の収入になっている様です。

購入する通貨の量によって支払い金額は違ってくるのですが、仮にドル円1万通貨だとすれば、30円から40円程度という所です。これはレートで見ると1銭変動すれば利益が出る程度の少額でしか無く、極めて安いと言えるでしょう。少なくとも他のギャンブルよりはずっと安いという事なのです。その様な点を考慮すると、どうせやるのならBOにしてはと思わなくもありません。

欠点を示すと予想が外れやすいという事でしょうか。これは運の要素が大きく、こちらが狙って的中させる事が出来ません。競馬ですと大体予想がつきますよね。この馬はこういう特徴があるからレース展開はこうなるだろうというのが。でもバイナリーオプションでは、コインの裏表がどうなるかを当てる様な物で、そのような予想が極めて難しいのです。丁か半かを当てるのが難しいのと同じ様な感じと言えば理解できるかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。