バイナリーオプションは方向を読みやすい移動平均線で勝負

今更言うまでもなく投資で勝てるかどうかは移動平均線の扱い方にかかっていて、これを見てしっかり分析できれば短期間で億の世界へと駆け抜けていくことは造作もありません。さらに最近ではこの分析方法が特に当てはまることが多くてしかも稼ぐチャンスが多い金融商品が、ネット上で有名な企業がサービスを行っていることの多いバイナリーオプションという投資です。従来の為替相場を読むFXと似ていてこの二つが頭の中でこんがらがっている人もきっと多いでしょう。確かにさほど違いはないものの、国内で多く展開されているタイプの取引方法ですと為替の動きについていくラダー型などが主流になっていて、方向を見ることだけに照準を絞るという予想の仕方が特徴的といえます。

だからトレンド方向の予想に真価を発揮する移動平均線とバイナリーオプションは相性が良いのです。取引は長い業者でも2時間弱くらいなのでチャートの時間軸を5分足などの更新間隔が短いものに設定して、移動平均線もそれに合わせて本数をカウントする数値を少なくします。株式相場でも愛用されていますが、遅行指標とよく言われるようにローソク足で向きが決定してからつられて動くのが特徴で激しい乱高下には向かないとされていました。ところが、あらかじめ短い時間で取引することが決まっているバイナリーオプションならそれほど乱高下に左右されず、長い足で向きを分析してからそのローソク足のひとつを分解して短い時間軸で動きを見るのが勝利への鍵なのです。

なので、いくらひとつの取引が短時間だからといって5分足だけでなく時間足以上で自分が分析しやすい長期のチャートを表示しておくことが流れの読みやすさに繋がります。国内で大多数を占めるトレンドを当てるタイプのものですと、方向さえ当てれば細かい動きを無視してもいいのでpipsはあまり気にしなくて構いません。取引を数多くこなしてくると緻密な分析をしなくても移動平均線とローソク足の位置をパッと見ただけで購入するべきタイミングか否かが即わかるようになると思います。

SNSでもご購読できます。